最近はエチケットとして口臭の匂いをとるものもあるけれど

接客業をしている時に、常連さんのお客さんがいて、その人がよくお話をしてくれる人でした。
すごく感じのいいおじいちゃんでしたが、タバコとお酒が好きなようで、毎回お酒かタバコの匂いがしていました。
私はタバコの匂いが小さい頃からダメでお話をしてくれるのはいいのですがかなりキツかったです。
最近はエチケットとして口臭の匂いをとるものもあるけれど、おじいちゃんにはそういうのを使うという考えはないんだろうなと思ってずっと我慢しました。
流石に本人に直接伝えるというのは無理でした。おじいちゃんも気づいていないようでしたので。
友達でも結構親しくないと言えないと思います。
個人個人が注意して気をつけてくれていないと難しいのではないかと思います。

 

自分の体験談なのですが、久しぶりに会った友達に急に脈絡もなくコンビニに行きたいと言われたのでついていきました。すると、ブレスケア商品を二つほど買い、「何も言わずにこれを受け取って」と店を出た瞬間に言われ、ブレスケア商品を渡されました。自分の息が臭いと思われたんだなということももちろんショックでしたが、言葉ではなく行動でしかも気を使わせてしまったこともショックでその件に関しては何も言えずに商品を受け取りました。おそらく、直前まで働いていたため水分を長い間取っていなかったのことが原因だったと思うのですが、それ以来、なにかある時はブレスケア商品を鞄の中で携帯し、すぐに口に入れられるようにしています。

 

口臭については、以前喫煙をしていたこともあり、結構においがあると人から指摘をされることが多く、口臭を防ぐタブレットや、ガムなどを愛用していました。特に嫌な思いをした記憶はありません。友人の中には、指摘をしてくる人もありましたが、たまたま人に恵まれてそんなに嫌な言い方をされた記憶はありません。ただ、好きな人の前や、人と距離が近いと自分自身が気になって、集中できないことも多々ありました。
今日、あまりにもにおうなって思った時には、マスクを1日つけることもありました。自分自身も経験ありますが、人の口臭は苦手な方も多くいると思います。苦手なにおいもあります。なかなか人に指摘するのも難しいと思いますので、できるだけ自分から防護策をうつようにするのがマナーだと考えています。

出来たら1日3回毎食後、歯磨きをするといいと思います。

先日、仕事の打ち合わせで一時間ぐらい女性の年配の方と勉強机ぐらいの机で向かい合って商談をしていました。徐々に時間が経つに連れて、女性の口から臭いが漂ってきまして、こんなに匂うんだって思いながらその時から中々商談が内容が頭に入ってこず、自分自身も口臭が相手さんに匂ったら嫌だと思い、やや距離も置いて口臭が匂わないように意識して話しました。商談とか相手と話す際は、歯を磨いて商談をすることや速効性のあるミンティアなど持参することで、相手と話すことき相手も集中して聞いてくれるだろうし、こちらも口臭のことを気にしないで話すことができるので最低限のマナーかと思います。また、ひょっとしたら口臭が匂うかもと思いながらあまり接近しないで話すのもマナーとも思います。

口臭は本人は気づきづらいのか、公共交通機関などを利用した際に特に気になります。近くの席に口臭の強い人が乗り込んできた際は、少し辛い気持ちになります。席を露骨に外せるわけでもなく、注意もできないので、日頃からせめて自分は口臭が他に迷惑にならないようにちゃんとハミガキなどには気をつけるようにしています。それでもやはり自分が周りからどんなふうに感じられているのかはわからないものなので少し不安になります。若いころはさほど気にしたことはありませんでしたが、やはり年齢が進むにつれて口腔内のケアの必要性を感じてきたので、セルフケアと歯科医などのプロの機関による衛生状態のメンテナンスはある程度必要だと思います。

 

出来たら1日3回毎食後、歯磨きをするといいと思います。

歯に残っている食べかすなどがあると、口臭の原因にむすびつきやすいです。出掛ける前には、歯磨きを習慣づけると口臭も発生しにくいと思います。歯の痛みなどが無くても、定期的に歯医者に行って健診を受けるといいと思います。歯肉炎や歯周病が見つかれば治療を受けて、キチンと直して行けば、口臭は発生しないと思います。病気が見つからなくても、歯ぐき状態が悪かったりすると、ケアの仕方を指導してくれるので、力強いです。日頃から歯や歯ぐきの状態をベストコンディションにしておけば、口臭の発生は防ぐことが、出来ると思います。無臭の状態にプラスして、ガムやタブレットを活用すると楽しいと思います。ミント系やフルーツ系、フラワー系の味や香りのする物を活用すると、周りの人たちや自分のテンションも、上がると思います。

20代前半で働いていたときの上司の口臭がひどく、

20代前半で働いていたときの上司の口臭がひどく、

今は結婚して専業主婦ですが、20代前半で働いていたときの上司の口臭がひどく、憂鬱でした。特に夕方になると、書類の確認で会話をしているだけでも(距離1メートルくらい)、加齢臭のような、汗っぽい酸っぱい匂いが口から漂い不快でした。まったく悪い人ではなく、優しい50代の男の上司だったので、「口臭がなければもっとみんなにも慕われて不快な思いも周りにさせないのに」と思っていました。現に、とても優しいその上司は仕事もそこそこできて、指導も丁寧なのに、口臭のせいで周りから浮いてるといった感じでした。本人は、自分が部下と年が離れているからと思っていたようですが、、。ただ、人の良い上司にあえて口臭のことを指摘できる人はおらず、誰も上司に口臭のことを切り出せませんでした。結局私は結婚&出産し、その職場を離れましたが、口臭でこんなにも周囲からうくことがあるんだなということは忘れません、、。

 

 

最初は子供に『お母さん!息が臭いよ!』

と言われましたがさほど気にしていませんでした!朝昼晩1日三回、毎日歯磨きをしていましたので臭い訳がなく子供がからかっていると思っていました!そんなある日また子供に『お母さんの息!本当に臭い!』と言われ旦那に相談をしました!相談をした結果、やはり私は凄く口臭がしている事が判明しました!旦那も以前から私の口臭を口に出さないだけで臭いと思っていたみたいで特に寝起きは最悪なくらい臭かったみたいです!自分が気が付かなかっただけで周りの皆に凄く迷惑や不快な思いをさせていたと思うと凄く恥ずかしいしショックでした。その事が切っ掛けで私なりに頑張っている事は1日三回の歯磨きに加えてマウスウォッシュを1日三回している事と1日に六回くらいFRISKを食べたりミント系のガムを食べたりしています!

 

小学生の頃ですが、大きな声で話をしていたら、

通りがかった男の子に「くせぇ!」と言われ、それ以来、自分のオーラルケアに自信がなくなってしまいました。
相手は小学生の男子ですし、もしかしたら、からかい半分で言った言葉かもしれませんが、その時の私は恥ずかしさと、そんなことを言われた悔しさでやりきれない気持ちでした。
就職してからかなり口臭のひどい方と仕事をしたことがありますが、距離を保って話をしてもニオイがすることがあり、不快な思いをしたことがあります。
自分のニオイが人に不快な思いをさせているかは、自分では分かりづらいことだとは思いますが、最低限のケアは必要だなと思いました。
ただ、その方は歯磨き直後でも臭っていたので、消化器的な問題があるとなると、普通のケアだけでは難しいのかなとも思いました。

 

好きな人の車に乗っていて、わたしが助手席で、

彼が運転していた時の事だったのですが、密室の中だったためか、彼が運転中話す度ににおいが気になってしまい、
真冬にも関わらず、思いっきり窓を開けて換気をしてしまいました。まだまだ私も若かったので彼には当然のこと何も言えずにデート終了してしまい・・少し会うのが億劫になってしまって疎遠になってしまいました。そのことから、特に言われた経験がないですが、私自身も口臭あるのでは?と考えるように周りに迷惑かけていないかな?と日頃から、親にも冗談含め、臭くない?など聞いたり、口臭ケアをマメにするように心がけました。歯磨きも毎食するようにはしていて少しやりすぎかな?と思ってしまうほどです。

ブレッシュ 販売店舗 最安値

 

 

口臭は、相手に与える印象の中でかなり上位を占めていると思います。

口臭は、相手に与える印象の中でかなり上位を占めていると思います。

初めて会った人で例え美男美女でも、口臭が気になる人だとかなりのイメージダウンとなります。
子供のころですが、親に口臭いよ!と言われただけでもすごくショックを受けた記憶がありますので、それを他人に言われたら・・・と考えただけでもかなりの衝撃を受けますし、
直属の上司がおりまして、とてもいい人でしたが口臭が気になりました。でも、年配の方でしたし、上司にはとてもそのことを伝えることが出来なかったのが実情です。
自分の実体験等を基に対策として、まめに歯磨きをすることもできないので、必ずガムやミンティア等の口臭グッズを持ち歩くように心がけています。

 

小売店で、タバコ休憩直後なのかタバコの臭いと歯垢の溜まっているような臭いの合わさった口臭の方が接客に来た時は思わず顔をしかめてしまいました。
このような方は過去に何度かいましたが、臭いがはっきり伝わってくるような声の出し方をされ、自身の口臭に関して無頓着な方が多いような気がします。
気にしない方は気づかないだけなのかもしれないですが、口臭は対話をするとなると体臭以上にはっきりと臭いが出る物と考えています。
どんなに良い対応を取ったとしても、口臭が臭うというだけで印象が悪く、その後の関係も良い方向に進みにくくなります。
「○○さんよかったよね、でも口臭きつかった。」と言われないよう、日常的に気を配っていきたいと考えます。

 

会社の職場に、派遣社員さんが多く働いています。
海外から働きに来ている人も多く、日本との文化の違いに度々驚くことがあります。食文化も大きく違うので、日頃食べているもので体臭や口臭に悩まされます。料理にニンニクを多く使う国の人は、近づくだけてニンニクの臭いがします。会話をすると尚更です。はく息がとても臭いので、思わず顔をしかめてしまいます。相手の人にとっては、そんな食事や臭いは幼い頃からなので慣れているようで、まったく周囲に気を付けるような素振りはありません。お国柄なのでどうしようもないかなぁ、と諦めています。直接相手に言うこともなかなか出来ないでいます。悪いことをしているわけではないので、相手を傷つけてしまうような気がして言えません。自己防衛として、マスクを着用して会社に行くようにしています。